「萩」と「荻」どっちが「はぎ」でどっちが「おぎ」?の覚え方

豆知識・雑学

新しく会った人に名刺をもらったら、名前が

萩原○○

で、

ぼく

あれ、これって「はぎわら」?「おぎわら」?
どっちだっけ…?(汗)

なんてことありますよね?

今回は、そんな時に使える覚え方をご紹介します。

「萩」には「秋」という字が含まれているから、「あき」と同じ母音(ア・イ)の「はぎ」

これだけ覚えておけば大丈夫です。

「荻」は、消去法で、もう1個の読み方の「おぎ」です。

意外とこんな覚え方でも咄嗟の時に使えたりします。

いつ「萩」や「荻」がつく名前の人と会うかわかりませんので、頭の片隅に入れておいてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました