「烏滸がましい」は何と読む…?

豆知識・雑学

「烏滸がましい」という言葉を見て、

ぼく

「鳥(とり)」みたいな字に、さんずいに許す…?
何て読むんだ…?

と読み方がわからない方も多いのではないでしょうか。

これで、「おこがましい」と読みます。

分不相応であること、身の程知らずであることを指し、「さしでがましい」と同じような意味の言葉です。

ちなみに、一文字目の「烏」は「鳥」よりも横棒が一本少ない漢字で、「からす」と読みます。カラスは、体が黒く目の位置がわかりにくいので、「鳥」という漢字から目を表している横棒を取って、この漢字になったと言われています。

また、「おこがましい」は、「痴がましい」と書くこともあるそうです。

以上、豆知識でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました