ラグビー日本代表に外国人選手がいるのはなぜ?全員帰化した日本人なの?

豆知識・雑学

昨年開催されたワールドカップで、日本中を熱狂させたラグビーの日本代表。

そのメンバーの顔ぶれを見ると、代表選手31人のうち、15人が外国人選手です。

なぜ日本代表に外国人選手がいるのか?全員帰化して日本人になった方々なのか?
今回はその辺りを深堀りしていきたいと思います。

帰化していない外国籍の選手も多い

前述したように、代表選手31人のうち15人が外国人選手なのですが、実はその内、帰化して日本人になった方は8人で、残りの7人は外国籍の選手なのです。

サッカーや野球など他のスポーツは、その国の国籍じゃないと代表選手になれませんが、ラグビーは国籍にとらわれない独自の選考基準があるため、このように外国人の代表選手が多くいるのです。

ラグビーの代表選手になる条件とは?

ラグビーワールドカップを主催する国際競技連盟である「ワールドラグビー」が規定するルールによると、以下の3つの条件の内いずれか1つでも満たせば、自身の国籍とは異なる国の代表選手としてプレーすることができることになっています。

  1. 出生地がその国である
  2. 両親、祖父母のうち1人がその国の出身である
  3. その国で継続して3年以上、または通算10年以上居住している
    (今回のワールドカップ以降、「継続して10年以上居住」に変更予定)

そのため、日本に長く居住している外国籍の選手は、3番目の条件を満たし、日本代表になることができるのです。

ちなみに、一度ある国の代表選手になると、その後他の国の代表選手になることはできない、というルールもあるそうです。

日本代表だけが外国人選手が多いわけではない

前述した代表選手の条件は、当然どの国でも共通なので、日本代表だけが特別外国人選手が多いわけではありません

他国の代表も同様に外国人選手が多くいるのですが、日本人から見ると、日本代表にいる外国人選手は見た目やカタカナ名からすぐに判別できてしまいますし、他国の代表に外国人選手がいてもぱっと見では判別できないので、日本だけ外国人選手が多いように感じてしまうのだと思われます。

まとめ

このように、ラグビーは他のスポーツと違って、国籍にとらわれない選考基準があるために、日本代表に外国人選手がいるということがわかりました。

個人的には、一度日本代表になると以後他国の代表選手になることはできないにも関わらず、日本に長く居住して日本代表として戦ってくれているなんて、なんて日本想いな選手なんだ!ととても感銘を受けたので、また新しい視点でラグビー日本代表を応援していきたいなと感じました(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました